Multilingual

Multilingual, Português (Portuguese)

100 Fitbits Para 100 Alunos:Pesquisa compara os padrões do sono entre 2019 e 2020

No outono, Michael Barkler, Diretor de Pesquisa da Phillips Academy, convidou 100 alunos do décimo e nono ano para participar de um experimento com o sono. Cada aluno selecionado usará um relógio Fitbit, comprado com fundos do Projeto para Pesquisas Institucional da Phillips Academy (Andover), para rastrear seus padrões de sono para os semestres de…

Multilingual, 中文 (Chinese), 简体 (Simplified Chinese)

100个学生人手一个Fitbit运动手环:专门研究学生们2019年与2020年睡眠作息趋势的项目

在去年秋季,安多福的学术研究主任Michael Barker邀请了100名九、十年级的学生参加一个有关睡眠的实验。为了能看到今年和明年每人作息时间的差别,每一位学生都会佩戴一个用学校资金购买的Fitbit运动手环。每一个Fitbit手环都会记录佩戴者的基本信息、睡觉时间和每天的运动情况,包括总步数、总距离、运动时间和卡路里消耗量。参加实验的学生们需要在手机上下载一个软件,连接到他们各自的手环,以便更好地收集数据。该软件的设计者是安多福的制度研究团队,他们会匿名记录手环提供的所有信息。实验目的就是把过去一学年的数据跟明年——也就是新课程表(早上八点半上课,而不是八点上课)正式启用的时候——所记录下来的新数据进行比较。 Malgorzata Stergios,学校研究部助理主任,希望新的课程表能够带给学生更多的睡眠时间。“这次研究项目的基本目的就是为了提供给(安多福)学生更多实验数据,告诉他们如何提高睡眠质量和身心健康…我们想知道我们实行的新课程表会不会帮助学生增加睡眠时间,” Stergios和 Barker 在一封给菲利普人的邮件里说道。 根据菲利普人2018年的调查问卷数据,全校百分之七十九的学生每天晚上睡不到七个小时。并且,全校学生的平均睡眠时间只有不到6.7小时。据Barker十月份写的邮件,新课程表的设立是为了让学生们能够做到平均每晚八个半小时至九个半小时的睡眠。 不过Emma Fogg ‘21并不这么认为这个计划可行。她说,“我并不觉得早上晚半个小时上课会提高我的睡眠时间。为了睡八个小时,我必须在十一点之前上床,因为我还需要半个小时入睡。我现在至少要到十一点半或十二点才上床,这说明我一般十二点,甚至凌晨一点才会真正入睡。” Jeremy Zhou ‘21打算加入这次的实验,因为他之前对睡眠研究有兴趣。Zhou认为整个实验过程很直接,并且他认为参与实验既可以帮助他人,也可以帮到自己。他说,“我觉得这个注意很好。我们可以真正判断修改课程表这个决定是否有效。高中生很有可能会因为不用早起而熬到更晚才睡觉。如果真是这样,仅仅改变课程表并不会有多大的效果。” Arnav Bhakta‘22参加实验是因为他想要更加了解自己的睡眠习惯,并且根据自己的情况作出改进。Bhakta在邮件里写道,“我想确切地知道我到底睡几个小时。另外,我认为我参加实验会增加我的睡眠时间,也会使我的生活方式更加健康。”Bhakta非常喜欢使用Fitbit,并且希望每年都进行这样的睡眠实验。他写道,“其实这个实验真的很有意思。我喜欢在一天结束的时候查我走了多少步。我还可以为自己的睡眠和运动设一定的目标。我希望实验会在未来继续。我认为提高对身心健康的关注会帮助安多福学生更好地生活。“

Français (French), Multilingual

Arcs-en-ciel Extraterrestrials et Générateurs Homopolaires: Les Étudiants d’Andover Vont Disputer au Tournoi de Jeunes Physiciens des États-Unis

En entrant à Andover en tant que nouvel élève de première d’Ukraine, Mykhailo Bilokur ‘20 estimait que l’école manquait d’opportunités de recherche scientifique dans l’école. Cette pensée à déclencher la formation d’une équipe de quatre étudiants par Bilokur qui vont se présenter au Tournoi de Jeunes Physiciens des États-Unis (T.J.P) le 26 et 27 Janvier….

Multilingual, 日本語 (Japanese)

9年生と10年生の睡眠パターンの追跡のために治験を実施

秋学期に、学術研究責任者のマイケル・バーカー氏(Michael Barker)が100人のジュニア(9年生)とローワー(10年生)を集めて睡眠の実験を行いました。治験に選ばれた生徒は、今年度から来年度までの冬学期と春学期の睡眠パターンを追跡するために、フィリップスアカデミー・アンドーバー研究機関のプロジェクト(Phillips Academy (Andover) Institutional Research Project)の基金で購入したフィットビットのウェアラブル端末を着用することになります。それぞれのフィットビット(FitBit)は、基本的なユーザー情報、睡眠時間の測定と分析、歩数や歩行距離や活動時間や消費カロリーを含む活動データを記録します。生徒たちは自分のフィットビットに接続している各自の携帯電話にアプリをダウンロードすることが必要です。アプリを開発したアンドーバー研究機関チームが、その後FitBitで収集した情報を匿名で記録します。実験の目的は、今年のデータと、午前8時30分の始業が実施される来年に収集されるデータとを比較することです。学術研究副責任者のマウゴジャータ・スタージオス氏(Malgorzata Stergios)は、この新しいスケジュールが生徒たちに睡眠時間をより多く与える機会になることを願っています。スタージオス氏によると、アメリカ小児科学会(The American Academy of Pediatrics)は日々の始業を午前8時30分より早くしないことを推奨しています。 「この研究の背景となる動機は、(アンドーバーの)学生はどのように自分たちの睡眠時間と総合的な健康を改善できるかについて重要な、経験からの洞察力もたらすことです」とスタージオス氏とバーカー氏はフィリピアンにeメールを寄せました。フィリピアン紙の2018年ステート・オブ・アカデミーの調査によると1043名の生徒のうち、79パーセントが毎晩7時間以下の睡眠をとっており、毎晩の平均睡眠時間が6.7時間ということが明らかになった。バーカー氏から十月に送られてメールによると、新しい時間割は生徒が毎晩8.5〜9.5時間睡眠がとれるようデザインされているという。しかし、実験参加者で10年生のエマ・フォグさんは新しい時間割によって毎晩8時間の睡眠がとれることに疑問を抱いている。 フォグさんによると、「始業時刻が30分遅れるだけで睡眠時間が伸びるとは思いません。8時間の睡眠が得たければ11時には寝なければいけなくなりません。もし11時に寝ようとしても通常ベットに入ってから30分は寝付けませんし、そもそもいつも11時半もしくは12時に寝るので結局寝付くのは12時もしくは1時ということになります。」 10年生のジェレミー・ハオさんは以前からポリソムノグラフィーに関心があり、今回の実験への参加を決めた。ハオさんは本校の実験過程を簡潔で最新式であり、自分自身と実験者両方のためになると評価した。「(新時間割)の案は素晴らしいと思います。始業時間を遅らせることが生徒睡眠の長さに関わるのか、それとも、私の経験にもあるようにただ寝る時間が遅くなるだけのか知ることができるのは重要です。誰も役に立たない改正案に賛成はしませんから。」 9年生のアーナブ・バクタさんは自らの睡眠習慣を知り、その向上を行うためこの実験に参加している。バクタさんからフィリピアン紙に送られてきたメールによると、「自分が毎日平均でどれくらい寝ているのか知りたかったことに加えて、この実験に参加すれば自分の健康促進を機にするようになり、睡眠への向上心も上がると思い実験に参加しました。 バクタさんはフィットビットを持つことに好感を持っており、今後モコのような実験が行われることを期待している。 「この実験は本当に楽しいです。一日の終わりに自分がどれだけ歩き、毎週の平均睡眠時間が見れるのを楽しみにしています。それをチェックした後、健康促進のために次の日の睡眠と運動の目標を立てています。この実験は絶対に続けたほうがいいです。全アンドーバー 生の健康のために役立つし、何より楽しいからです。」

Multilingual, ไทย (Thai)

ความสำคัญของอัตลักษณ์ในการเมือง

ในช่วงวันหยุดที่ผ่านมา ฉันและครอบครัวได้พูดคุยแสดงความคิดเห็นถึงเรื่องการเมืองระหว่างมื้ออาหารวันคริสต์มาส เรามีความคิดเห็นที่ขัดเแย้งกันมากขึ้นเรื่อยๆตั้งแต่บทสนทนาเข้าสู่การวิเคราะห์การยอมรับตำแหน่งของ เบรทท์ คาวานโนห์ (Brett Kavanaugh) ในศาลฎีกาขั้นสูงสุด ฉันแสดงความสนับสนุนในคำกล่าวหาของคริสตีน เบลย์ซี่ ฟอร์ด (Christine Blasey Ford) ว่าเบรทท์ คาวานโนห์ได้ล่วงละเมิดทางเพศเธอบทพื้นฐานความเป็นผู้หญิงของฉัน หากแต่ว่าคุณลุงของฉันได้พูดขึ้นมาว่า “ฉันเบื่อที่จะพูดถึงการเมืองเรื่องอัตลักษณ์” ซึ่งคำว่า “การเมืองเรื่องอัตลักษณ์” ได้กลายมาเป็นคำยอดฮิตในปัจจุบัน ที่มีความหมายถึงตัวแปรที่เกี่ยวข้องกับความคิดเห็นของบุคคลในเรื่องการเมือง ตัวอย่างเช่นเชื้อชาติ เพศ วัฒนธรรม และอัตลักษณ์ทางสังคมอื่นๆ คำวิจารณ์จากฝ่ายรีพลับบิคัน (Republican) ที่มองคำว่า “การเมืองเรื่องอัตลักษณ์ (identity politics)” และ “อำนาจกดทับ (intersectionality)” ตามพจนานุกรมมาเรียม เว็บเสตอร์ (Merriam-Webster) ที่ได้ให้ความหมายไว้ว่าพฤติกรรมที่ตอบสนองในหลายรูปแบบจากผลของการเหยียด,กดทับ,และตัดกันได้มีเพิ่มมากขึ้นเรื่อยๆ นักวิจารณ์เหล่านี้ได้แสดงความคิดเห็นว่าการมองการเมืองจากมุมมองเฉพาะตัวเป็นการกระทำที่เห็นแก่ตัว ไร้ซึ่งการนำไปสู่ความเท่าเทียม และเสริมสร้างความแตกแยก พอล ไรอัน (Paul Ryan) โฆษกของสภาผู้แทนราษฎรของสหรัฐอเมริกาได้กล่าวว่า “การเมืองเรื่องอัตลักษณ์” เป็นสิ่งที่ผิดจรรยาบรรณโดยพื้นฐานที่ไม่ถูกต้อง หากแต่ว่า นักวิจารณ์เหล่านี้ได้ละถึงเป้าหมายของความคิดนี้ คำว่า “การเมืองเรื่องอัตลักษณ์” ได้เริ่มขึ้นในยุค 1970s…

1 2 3 4 28