Multilingual

Multilingual, 日本語 (Japanese)

レイチェル・ハイランド先生が ボストンマラソンで第4位を獲得!

アンドーバーのスペイン語教師で女子陸上部・女子クロスカントリー部顧問を務めるレイチェル・ハイランド先生が、先週の月曜日のボストンマラソンで暴風雨の中、精鋭達に囲まれながらも2時間44分29秒で第4位に入賞しました。今回は先生にとって9回目の挑戦で、初めてのトップテン入りとなりました。 「レース後にボランティアから4位だったと聞きましたが、しばらくは現実のこととは思えませんでした。24、25マイルあたりでランキング上位のアメリカのプロののランナーや有名な長距離ランナーを追い越した時はかなりいい感じだと思ったけれど、まさかトップ10、トップ5に入っているとは思いもしませんでした。」とハイランド先生は語りました。 ハイランド先生は1位のデザリー・リンデン選手(アメリカ、2時間39分44秒)と、2位のサラ・セラーズ選手(アメリカ、2時間44分04秒)、3位のクリスタ ドゥシェーン選手(カナダ、2時間44分20秒) に続いて4位となりました。 ハイランド先生は、7位で2017年のニューヨークシティマラソン優勝のシャレーン・フラナガン選手(アメリカ、2時間46分31秒)、9位で2017年のボストンマラソン優勝のエドナ・キプラガト選手(ケニア、2時間47秒14秒)、16位で2016年の1万メートルと2018年のヒューストンハーフマラソンでアメリカ記録保持者のモリー・ハドル選手(アメリカ、2時間50分28秒)を抑えてゴールしました。 選手たちをひどく苦しめた暴風雨も、ハイランド先生にとっては強味でした。「かなり冷え込んでいたので序盤は辛かったです。10-13マイルのあたりで土砂降りとなり、風も強くなり、激しい突風が吹いてきました。幸運なことに集団の中で走っていたため、お互い助かりました。しかしまっすぐ走る のが難しくなり、少し方向感覚を失った時もありました。」と、ハイランド先生は語りました。 ハイランド先生がウィリアムズ・カレッジ在学中にクロスカントリー部の顧問を務めたエリカ・メイカーさんは、「彼女はとても粘り強い。それが当日の悪天候の中で慌てることなく走れた理由だと思います。彼女は何があっても完走できたと思います。」と語りました。 ハイランド先生はウィリアムズカレッジ(2009年卒業)では、クロスカントリー部と陸上部の選手で、ローレン・フィルブルック選手と一緒にクロスカントリー部の部長を務めていました。フィルブルック選手とハイランド先生は 大学入学以来の友人で、2016年のマラソンのオリンピック選考会にも一緒に出場してフィルブルック選手は2時間43分58秒で32位、ハイランド先生は2時間46分21秒で46位となりました。 フィルブルック選手は「昨日はっきりわかったと思いますが、彼女の成功の理由は、あのひどい悪天候の中で諦めず、走り続けられた精神的な強さだと思います。天候に合わせてペース配分できる彼女の強味が、 マラソンの順位の為にも役立ちました。他のほとんどの選手は当日の悪天候を無視して元々のレースプランを決行したのですが、彼女はきちんと状況を分析していました。彼女は潔く『今日はベストタイムが出るとは思えないから、最高のレースをするために努力することを目標にする』と言ってました。」と語りました。 ハイランド先生によると、レース序盤は苦しんだものの、だんだん調子が上がっていったそうです。そしてレースを半分に分けた時、前半と後半がほぼ同じタイムの1時間22分13秒と1時間22分16秒でした。一方、他の選手たちは後半に低迷していきました。例えばフラナガン選手は中間地点ではハイランド選手を31秒リードしていましたが、後半に1時間26分49秒かかったので、ハイランド先生は35-40キロ地点で彼女を追い越すことができました。20.5マイル地点にある「ハートブレイクヒル」と呼ばれる0.5マイルほどの坂道はコースの4分の3を走りきった選手たちをさらに苦しめるのですが、先生はこの頂上でいっそうの勇気が湧いたそうです。 「私は後になるにつれてだんだん気分が良くなってきました。特にボストンの丘を登ってハートブレイクヒルの頂上に着いて、ここからは下り坂か平らな道だと知った時、ここまで到達したという想いと、積み重ねてきたトレーニングと、人々の声 援を聞いた時に…胸がいっぱいになりま した。それは奇跡の瞬間でした。そしてもちろん、あと数マイルでもうほとんどゴールにいると思うと、本当にわくわくしました。 24.5-25マイル地点で、太ももが動かなくなったように感じました。これはマラソンでは典型的なことで、私はゴールが見えてきたことに嬉しくなりました。しかし私は突然、2013年(ボストンマラソン爆弾テロ事件が起きた年)に爆発が起きたゴール地点と、この歴史的なゴールの意味への想いが湧き上がり、交差して、とても言い表せない気持ちになりました。」 ウィリアムズカレッジのクロスカントリー長距離走のピーター・フェアウェル監督は、彼女のペース配分の能力はウィリアムズでの教えによるものだと語りました。フェアウェル監督はフ ィリピアンへの メールで「彼女はウィリアムズのクロスカントリー部で学んだように、自分自身のレースを追求し、うまくペース配分して、ゴールまで気を抜きませんでした。彼女はボストンマラソンでは先頭集団にはいませんでしたが、42キロの距離を走り続けるために最適なペース配分を組み立てました。彼女は素晴らしいペースメーカーです。こうして彼女は終盤でたくさんの選手を追い抜きました。またウィリアムズでははたくさんの登山道や泥んこの山道を走ります。彼女は17-21マイル地点にある重要なハートブレイクヒルを熟知して、その能力を見せてくれました。彼女はいつも全てに対してポジティブな考え方を持ち、何より大事な『状況が厳しくなると不屈の強者たちは動き出す』という名言を彼女は実行していま した。厳しい状況を受け入れ、挑戦する必要がある時は、努力以外のことはしない。こうして彼女はこのマラソンで素晴らしい成績を残しました。」 ハイランド先生はレース中の各ステージを、時間ではなく感覚に基づいた目標を決めて走りました。先生はマラソンが終わるまでの間、まったく時計を見なかったそうです。フィルブルック選手は「このマラソンに出場するための準備は肉体的にも精神的にも過酷でした。彼女は毎週末、長い時間走っていました。マラソンの3ヶ月前からは毎週末18-24マイル走ったそうです。また彼女は少なくとも平日に1回は登り、週に100マイル近くの練習をこなしました。肉体を鍛えるために日々いろいろな走り方をして、マラソンの途中に何を食べた ら良い か、どんな食べ物が効くのかをよく研究していました。彼女は練習を通じて、コースで起きることについての精神的な訓練とイメージトレーニングをたくさんしていると思います。」と語りました。 ハイランド先生は「マラソンのための特別なトレーニングは1月に始めました。私はマラソンのペースで長距離を走ります。最初は20マイルのうち10マイルをマラソンのペースで走り、次の2週間には12-14マイルをマラソンのペースで走り、安定したリズムを見つけます。そして12マイルよりさらに長い距離をマラソンのペースで走ります。これが私のひとつの練習サイクルです。」と語りました。 マラソンで4位となるのは初めてですが、ハイランド先生は長距離走の世界ではすでに名が知られています。2015年のシカゴマラソンでは17位、2016年のオリンピック選考会では2時間41分 26秒の自己ベスト、 2016年2月13日のオリンピック選考会で は2時間46分21秒で46位、さらに2017年10月の ベルリンマラソンで は2時間41分50秒で21位となり、2020年のオリンピック選考会の出場権を再度獲得しました。 ボストンマラソンには、アンドーバーの生徒や長距離ランナー達もハイランド先生の応援に駆けつけました。ハイランド先生は「20マイル地点に来てくれていたグループがいたそうですが、そこにはあまりに多くの人がいて、よく見えませんでした。でも彼らがこんな状況の中で応援してくれたことを知ったことには大事な意味がありました。彼らがそこにいてくれることを知って本当に心強かったです。」 ハイランド先生は火曜日にキャンパスに戻り、友達や家族からと同じようにアンドーバーの学生達からも温かい祝福を受けました。ハイランド先生は「火曜日にたくさんの12年 生がいるスペイン語523の教室で、彼らがカードにサインするからと5分間外で待った後に教室に入ると、クラス全員が総立ちで大きな花束を贈ってくれました。私は涙が出ました。陸上部はサイン色紙と手作りのクッキーを作ってくれて、練習に出た時に拍手で迎えてくれました。本当に素晴らしい…卒業生やアスリート達が贈ってくれた心のこもった言葉は、すべてかけがえのないものとなりました。 このマラソンの後ですが、ハイランド先生は6月に学生とのアルゼンチンツアーに行く前にしばらく休養を取ってからこの学年を終えるそうです。先生は7月には練習を再開する予定で、2020年の2回目のオリンピック予選の準備の前、もしかしたらこの秋に他のマラソンにも参加するそうです。

繁體 (Traditional Chinese)

西班牙語老師、田徑、越野賽跑教練 Rachel Hyland 在波斯頓馬拉松獲得第四名

Rachel Hyland, 安多福的女子田徑及越野賽跑教練和西班牙語老師週一早上,忍受著強風大雨,以兩小時四十四分鐘二十九秒的時間在波士頓馬拉松取得第四名。這次比賽是Hyland 第九次跑馬拉松,也是她第一次跑進前十。 Hyland 說:「當我聽說我得到第四名時,我至少有半個小時都不敢相信。一位志願者告訴我排名第四,我都不敢相信。我知道我跑得不錯,因為我超過了一些職業、排名靠前的美國長跑運動員,令我感到非常意外。我大概跑到第二十四,二十五英里的時候超過了他們,所以我知道我跑得不錯。但我還是根本想不到能跑進前十,更別說前五。」 Hyland 成績排在美國選手 Desiree Linden 和 Sarah Sellers (用時分別為 2:39:44 和 2:44:04),和跑了2:44:20 的加拿大選手 Krista DuChene 之後。 Hyland 超過了2017 年世界馬拉松冠軍Shalene Flanagan (第七名:2:46:31),2017年波士頓馬拉松冠軍Edna Kiplagat (第九名: 2:47:14) 和一萬米和半馬拉松全國紀錄保持者Molly Huddle (第十六名:2:50:28)。 風雨交加對其她選手成為阻礙,但正好突出了Hyland 的優點。 她說:「一開始,行程非常艱難,因為我們都感到很冷。十英里與十三英里之間,雨開始傾盆而下,風呼呼大吹。幸運的時,我在一群女子運動員中間跑,我們在那時候互相鼓勵。之後有一陣子我感到不太清醒,因為那時我跑直線都有困難…」 Erica Maker,Hyland 在威廉姆斯學院(Williams College) 時的越野賽跑教練說:「她堅強的要命。我認為她能夠在周一那種條件之下跑得好成績是因為她什麼也不怕,不管條件有多惡劣,也都能跑。」 在威廉姆斯學院時,Hyland是田徑和越野長跑隊的隊員,是 Lauren Philbrook 的其中一位隊友。兩位從大一那年就成為好朋友,一起在2016美國奧林匹克馬拉松隊選拔賽賽跑。那時 Philbrook 得到第三十二名,用時 2:42:58;Hyland 得到第四十六名,用時2:46:21。 Philbrook 說:「我認為她所以能夠成功是因為她非常堅強。昨天她一直能在那糟糕到不得了的天氣中跑下,可以看出她堅定的意志。」 Hyland 能適時應付天氣協助她跑出如此優秀的成績。很多其他選手都沒有調整自己比賽的計劃,只不過 Philbrook 說,Hyland對在手的情況做了正確的分析。 「她肯定對自己立下結論,說:『哦,今天應該跑不出自己的個人紀錄,所以我得評估一下到底用多少精力可以跑出最好的成績』。」Philbrook…

简体 (Simplified Chinese)

西班牙语老师、田径、越野赛跑教练 Rachel Hyland 在波士顿马拉松获得第四名

Rachel Hyland, 安多福的女子田径及越野赛跑教练和西班牙语老师周一早上,忍受着强风大雨,以两小时四十四分钟二十九秒的时间在波士顿马拉松取得第四名。这次比赛是Hyland 第九次跑马拉松,也是她第一次跑进前十。 Hyland 说:「当我听说我得到第四名时,我至少有半个小时都不敢相信。一位志愿者告诉我排名第四,我都不敢相信。我知道我跑得不错,因为我超过了一些职业、排名靠前的美国长跑运动员,令我感到非常意外。我大概跑到第二十四,二十五英里的时候超过了他们,所以我知道我跑得不错。但我还是根本想不到能跑进前十,更别说前五。」 Hyland 成绩排在美国选手 Desiree Linden 和 Sarah Sellers (用时分别为 2:39:44 和 2:44:04),和跑了2:44:20 的加拿大选手 Krista DuChene 之后。 Hyland 超过了2017 年世界马拉松冠军Shalene Flanagan (第七名:2:46:31),2017年波士顿马拉松冠军Edna Kiplagat (第九名: 2:47:14) 和一万米和半马拉松全国纪录保持者Molly Huddle (第十六名:2:50:28)。 风雨交加对其她选手成为阻碍,但正好突出了Hyland 的优点。 她说:「一开始,行程非常艰难,因为我们都感到很冷。十英里与十三英里之间,雨开始倾盆而下,风呼呼大吹。幸运的时,我在一群女子运动员中间跑,我们在那时候互相鼓励。之后有一阵子我感到不太清醒,因为那时我跑直线都有困难…」 Erica Maker,Hyland 在威廉姆斯学院(Williams College) 时的越野赛跑教练说:「她坚强的要命。我认为她能够在周一那种条件之下跑得好成绩是因为她什么也不怕,不管条件有多恶劣,也都能跑。」 在威廉姆斯学院时,Hyland是田径和越野长跑队的队员,是 Lauren Philbrook 的其中一位队友。两位从大一那年就成为好朋友,一起在2016美国奥林匹克马拉松队选拔赛赛跑。那时 Philbrook 得到第三十二名,用时 2:42:58;Hyland 得到第四十六名,用时2:46:21。 Philbrook 说:「我认为她所以能够成功是因为她非常坚强。昨天她一直能在那糟糕到不得了的天气中跑下,可以看出她坚定的意志。」 Hyland 能适时应付天气协助她跑出如此优秀的成绩。很多其他选手都没有调整自己比赛的计划,只不过 Philbrook 说,Hyland对在手的情况做了正确的分析。 「她肯定对自己立下结论,说:『哦,今天应该跑不出自己的个人纪录,所以我得评估一下到底用多少精力可以跑出最好的成绩』。」Philbrook…

繁體 (Traditional Chinese)

與404的爭鬥

[注:以下時間信息均為北京時間] 四月十三日,週五,18:55: 微博管理員宣布清理色情、暴力和同性戀主題的短視頻、漫畫及含有暴力內容的違法遊戲。在這則公告發出之前,微博賬號 “同誌之聲” (Gay Voices) 收到內部高管希望暫停微博更新的電話通知。 四月十四日,週六,5:07: 我的朋友圈裡開始出現彩虹圖標。我至少十五位朋友都在朋友圈表達了對微博清查信息的不滿,並轉發了一篇有關中國大陸在微博上呈現支持同性戀的信息屢屢被從平台上刪除的文章。 四月十四日,週六,10:33: 上述文章由於違反微信信息管理相關規定,已被刪除。原文下有人評論道:「室友歧視我的時候,我沒哭;父母不理解的時候,我沒哭;我的國家,我深愛的祖國歧視我的時候,我哭了…」 與此同時,#我是同性戀(#IAmGay)、#我是同性戀的朋友等話題在微博上熱度大增,越來越多人參與討論。 四月十四日,週六,12:04: 我的好友寫道:「台灣一年前同性婚姻合法,大陸向後退了一千步。不,媽媽,這不僅僅是一個成長階段,我愛她就像您愛他一樣。」中國,世界上第二大經濟體,容得下一國兩制,容得下五十六個少數民族,已經實現同性關係合法化,但仍然堅持貫徹將生育作為社會責任、愛情和婚姻的目的等價值觀,並因此無法面對國內七千萬同性戀。 四月十四日,週六,16:19: #我是同性戀 話題達到2.4億閱讀量,被微博刪除,用戶無法瀏覽內容。 四月十六日,週一, 12:25: 微博官方管理員宣布清查信息將不針對同性戀內容。 這已經不是中國政府第一次進行信息清除了。大約一星期前,快手、抖音、火山小視頻等軟件由於提倡低俗文化、對年輕人產生不良影響等原因從應用商店下架。這些審查有可能是出於對新價值觀代替傳統價值觀的恐懼。 隨著更多的年輕人出國留學、工作,將新的信息帶回國內,價值觀的改變將會無法避免。早在2013年,中央電視台官方微博就發微博慶祝了國際反恐同性戀日;同樣是幾年前,一位女性戴著眼罩穿著“我是同性戀,我想要一個擁抱” 的衣服站在街頭,四十分鐘內共有三十八位行人擁抱了她。雖然這些視頻和圖片最終被微博刪除了,這卻證明國內存有支持同性戀的思潮。 但是從同性戀信息科普教育這一點上來說,中國要走的路還很長。很多人認為性取向是個人選擇,因為性取向這一話題在生物或性教育課程中從未被提起 (至少在我在北京上的公立學校中沒有涉及)。當微博這樣擁有廣大讀者的信息平台將同性戀題材與黃色、暴力內容並列,更多用戶將因此誤以為同性戀是一種異常現象,並且給同性戀貼上負面的標籤。 如果中國政府的終極目標是限制大眾接觸同性戀相關信息,這種信息審查長期來說一定不是最有效的工具。任何人都能夠輕而易舉地獲取翻牆軟件,並瀏覽政府切斷服務器的網站。此外,隨著社交媒體平台讀者數量和訂閱號數量增加,刪除所有轉發文章會變得越來越難。最終,信息審查只能夠遮住一小部分人的眼睛。很多同性戀支持者把微博宣布取消針對同性戀的審查看作由他們發聲反對而得來的勝利。微博最初的公告帶來了來自同性戀群體內外非同尋常的凝聚力和前所未有的支持。 與此同時,這次得到關注的審查激發了很多有關社會正義和平等的討論。這樣的討論正是中國急需的,應該得到鼓勵。中國政府也許應該利用這個機會對公民進行同性戀科學及社會層面的知識普及,而不是清除他們能找到的一切同性戀內容。政府的目標不應該是驅逐同性戀,而是促進社會內部的理解和包容。

简体 (Simplified Chinese)

与404的斗争

[注:以下时间信息均为北京时间] 四月十三日,周五,18:55: 微博管理员宣布清理色情、暴力和同性恋主题的短视频、漫画及含有暴力内容的违法游戏。在这则公告发出之前,微博账号 “同志之声” (Gay Voices) 收到内部高管希望暂停微博更新的电话通知。 四月十四日,周六,5:07: 我的朋友圈里开始出现彩虹图标。我至少十五位朋友都在朋友圈表达了对微博清查信息的不满,并转发了一篇有关中国大陆在微博上呈现支持同性恋的信息屡屡被从平台上删除的文章。 四月十四日,周六,10:33: 上述文章由于违反微信信息管理相关规定,已被删除。原文下有人评论道:「室友歧视我的时候,我没哭;父母不理解的时候,我没哭;我的国家,我深爱的祖国歧视我的时候,我哭了…」 与此同时,#我是同性恋 (#IAmGay)、#我是同性恋的朋友 等话题在微博上热度大增,越来越多人参与讨论。 四月十四日,周六,12:04: 我的好友写道:「台湾一年前同性婚姻合法,大陆向后退了一千步。不,妈妈,这不仅仅是一个成长阶段,我爱她就像您爱他一样。」中国,世界上第二大经济体,容得下一国两制,容得下五十六个少数民族,已经实现同性关系合法化,但仍然坚持贯彻将生育作为社会责任、爱情和婚姻的目的等价值观,并因此无法面对国内七千万同性恋。 四月十四日,周六,16:19: #我是同性恋 话题达到2.4亿阅读量,被微博删除,用戶无法浏览內容。 四月十六日,周一, 12:25: 微博官方管理员宣布清查信息将不针对同性恋内容。 这已经不是中国政府第一次进行信息清除了。大约一星期前,快手、抖音、火山小视频等软件由于提倡低俗文化、对年轻人产生不良影响等原因从应用商店下架。这些审查有可能是出于对新价值观代替传统价值观的恐惧。 随着更多的年轻人出国留学、工作,将新的信息带回国内,价值观的改变将会無法避免。早在2013年,中央电视台官方微博就发微博庆祝了国际反恐同性戀日;同样是几年前,一位女性戴着眼罩穿着 “我是同性恋,我想要一个拥抱” 的衣服站在街头,四十分钟内共有三十八位行人拥抱了她。虽然这些视频和图片最终被微博删除了,这卻证明国内存有支持同性恋的思潮。 但是从同性恋信息科普教育这一点上来说,中国要走的路还很长。很多人认为性取向是个人选择,因为性取向这一话题在生物或性教育课程中从未被提起 (至少在我在北京上的公立学校中没有涉及)。当微博这样拥有广大读者的信息平台将同性恋题材与黄色、暴力内容并列,更多用户将因此误以为同性恋是一种异常现象,并且给同性恋贴上负面的标签。 如果中国政府的终极目标是限制大众接触同性恋相关信息,这种信息审查长期来说一定不是最有效的工具。任何人都能够轻而易举地获取翻墙软件,并浏览政府切断服务器的网站。此外,随着社交媒体平台读者数量和订阅号数量增加,删除所有转发文章会变得越来越难。最终,信息审查只能够遮住一小部分人的眼睛。很多同性恋支持者把微博宣布取消针对同性恋的审查看作由他们发声反对而得来的胜利。微博最初的公告带来了来自同性恋群体内外非同寻常的凝聚力和前所未有的支持。 与此同时,这次得到关注的审查激发了很多有关社会正义和平等的讨论。这样的讨论正是中国急需的,应该得到鼓励。中国政府也许应该利用这个机会对公民进行同性恋科学及社会层面的知识普及,而不是清除他们能找到的一切同性恋内容。政府的目标不应该是驱逐同性恋,而是促进社会内部的理解和包容。

1 2 3 4 8